DM発送とは

絞り込まれた顧客に届くDM

企業の商品やサービスを宣伝する印刷広告が、自分宛の郵便としてポストに届くことがあります。これがダイレクトメール(DM)と呼ばれるものです。

無作為にポストに投函されるポスティングチラシや、新聞の折込広告などとは違い、ダイレクトメールはターゲットとして絞り込まれた顧客に対して送られます

ダイレクトメールの制作には、デザイン料、印刷料、材料費や郵送料だけでなく、顧客の住所や名前を記入する作業なども必要となります。

そのため、たとえハガキ一枚であったとしてもコストは高くなりがちです。

したがって、DMで宣伝する商品は、それだけのコストをかけても元が取れるくらいの、単価が高めの商品である場合がほとんどです。

DM発送の内容と効果

では、DM発送はどのような顧客に対して行われるのでしょうか。

まずひとつは、DMは企業に対し問合せをしたり、説明会やセミナーなどのイベントに参加するなど、何らかの形でその企業にコンタクトした人に対して送られます。

DMの内容は、セールや展示会などイベントのお知らせであったり、新商品の発売であったりとさまざまです。

いずれも、企業に関心を持っている顧客に対し、来店を促したり、購入を呼び掛けたりする目的があります。

DM発送の媒体は、封書もしくはハガキです。単なるお知らせ程度の内容であればハガキでも十分内容を伝えることができます。

より詳しいお知らせをしたければ、パンフレットやカタログのようなものを封書で送るという方法があります。

DMの中には、封筒の中にカタログが入っていて、商品の内容をチェックできるだけでなく、そのまま通販として購入可能なものもあります。

DM発送は直接顧客に訴求できる力があるとはいえ、わざわざ広告を作成し、一人一人の宛名を入れて発送するのは手間がかかります。

そのため、DMは手間のわりには購入に結びつかないのでは?などと言う人もいます。しかし、DMが実際に自分宛に届いた郵便物であれば、ほとんどの人が中を確認します。

さらに、家族のいる人ならばテーブルの上に置かれたDMを他の家族が見る可能性もあり、宣伝効果を広げる可能性もあるのです。