おすすめのオンライン塾について

通学塾とオンライン塾の歴史

一般的に塾とは英語で「private school」と言い、小中学校などの公的な教育施設とは違い、私的なスクールのことを指します。

日本国内の塾のルーツははるか1200年も前、平安時代にまで遡ります。その当時は身分の高い平安貴族が和歌・学問などの教養を身につけるための学び舎でした。

江戸時代から明治時代に入ると、私塾が開設されるようになりました。私塾の開設者として、吉田松陰や福沢諭吉はあまりにも有名です。

昭和の高度成長期以降から平成の時代にかけて、全国各地に学習塾が増加しました。小中高生を対象とした小規模な塾から高校生・予備校生をターゲットとした大規模な塾まで多様化しました。

そして、令和の時代に突入し、インターネットの普及や新型コロナウィルスなどの影響で、ビジネスの世界ではテレワークが推奨され、子どもの進学塾ではオンライン塾が主流となりつつあります。

オンライン塾とは、インターネット上のテレビ会議システムや動画を活用した学習塾のことを言います。

オンライン塾に向いている人は?

通学型の塾の場合は、定期的に決まった時間に通う必要がありますが、オンライン塾の場合、基本的に自宅の一室にパソコン1台あればその場が学び舎となります。

通学型の塾は教師・講師と生徒が直接対面して学びますが、オンライン塾はパソコンの画面を通してリアルタイムで学ぶことができます。

または動画配信講座で、いつでも空いた時間に学べるタイプのものもあります。塾に通いたくても近くになく、遠方に住んでいる人にはオンライン塾はおすすめです。

また、グループでの授業よりも個人レッスンを希望する人に適しています。全国各地どこにいてもインターネットを通して人気講師の授業を受けられるのが魅力です。

とくに人気の高いオンライン塾と言えば、「学問のススメ」「城城南コベッツ」「進学個別イクシード」、この3塾についてこれから詳しく解説します。