DM発送のメリット

根強く残るDM発送

最近はパソコンやスマホの普及によって、昔に比べると新聞や雑誌などの紙媒体の勢いが衰えていると言われています。

しかしそんな中でも根強く活用されているのがダイレクトメール(DM)です。

無差別に投函されるポスティングチラシとは違い、DMはターゲットとして絞り込まれた顧客に対して送付されます。

多くは、以前そのお店で買い物をしたり、問い合わせをしたりして会員登録をしたりした場合に、お店から直接お知らせとしてDM発送が行われています。

メールによるDMと違い、実際に手に取ることができるハガキや封書のDMは、思わず中身を確認したくなるという特徴があります。

たとえあまり興味のないお店からのDMであっても、キレイな写真や魅力的な宣伝文句が書かれていれば、誰でも中身を見てみたくなるというものです。

実際に、郵便受けに届いたDMを見て、セールや新商品を見に行ったり、サービスを申し込んだりした経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

DMから広がる顧客とのつながり

また、DMの中には、サービスや商品の内容を紹介するだけでなく、そのまま申し込みを促すものも多く見受けられます。

昔はこうした申し込みや登録を促すDMは、電話やハガキ、FAXなどを使ったり、わざわざ店頭まで足を運ばなければならないサービスなどもありました。

ところが最近は、QRコードなどを使用して、スマホからすぐに申し込みや登録ができるものが増えています。

「続きはWEBで!」というフレーズも多いですが、DMからWebサイトや動画にアクセスすることで、よりバラエティに富んだ宣伝広告を見ることができるというメリットがあるのです。

さらに、DMはメールなどにはないインパクトを顧客に与えることができます。

どんなに良い商品で、どんなに優れたキャッチコピーや宣伝文句が添えられていたとしても、メール広告のデザインには限界があります。

しかし、たとえハガキのDM発送だとしても、サイズもまちまちですし、圧着DMやスクラッチDMなどは、顧客にワンアクションとってもらうことでより内容を確認してもらいやすくなります。